イエベ秋の女

好きなこと

同人オタクの遠征バッグ

 こちらの記事がおもしろかったので、自分も遠征バッグについて書いてみようかと!

srdk.rakuten.jp

 


遠征と言っても基本日帰り、そしてサークル参加なので、在庫の本・机の敷布・値札・おつりのケースなどは宅急便で送っちゃうので当日はそこまで荷物は多くないです。


f:id:aoinabe:20180625144018j:plain

トートバッグに斜めがけできるポシェットと、ポーチとショッパー(買い物した時にもらう袋のことです念のため)

なんかあったら怖いので主催から届いた封筒はそのまま持っていきます、サーチケもこの中。

トートバッグはANNA SUIのブランドムックのやつです。

ポシェットはQpotのブランドムックのやつです。

青いポーチはwithの付録だった気がします。

付録ばっかり?同人オタクが金かけるところはそこじゃないからです!!!!


コリラポーチの中身。


f:id:aoinabe:20180625144219j:plain


とにかく荷物を減らしたいので限界まで削っる。サークルスペースも広くはないので。

ミスドの福袋に入ってたこのポーチがすごくいいサイズで、最初はなに入れるんだ!?って思ったけど、マチのあるポーチはその懐の広さに甘えてなんでも入れてしまうことに気がついた。

鏡、ティッシュ、予備のコンタクトレンズと目薬(ダイソーの小分け袋に入れてる)リップ、ファンデの試供品。

夏場はデオドラントシートを、冬場は貼るカイロを一枚いれたらもうキャパオーバーです。

f:id:aoinabe:20180625144637j:plain

使いかけなので汚くてすいません、このファンデの試供品、小さいけどスポンジもついてるしお直しには充分使える。

ファンデ自体も良いです。クッションファンデよりもカバー力あって、でもがっつり塗ってる感は少なめ。


斜めがけできるポシェットには、財布とスマホだけ入れます。

イベントが始まり、売り子に入ってもらい、狩に出発するときに使います。貴重品は自分で守ろう。

そして狩の時に活躍するのがこちら。


f:id:aoinabe:20180625145959j:plain 


不織布のショッパーと、withの付録のポーチです。

このポーチはもう何年もイベント専用にしていて、


f:id:aoinabe:20180625150053j:plain


紙のお金と百円玉と免許証(年齢確認用)を入れて使います。

そしてこのショッパーは

f:id:aoinabe:20180625150251j:plain

大抵のサイズの本が入る。

そして

f:id:aoinabe:20180625150401j:plain


スナップで止められる。


購入した御本や自分の在庫を自宅に送るときに梱包材のごとく詰めることもできるし最悪捨ててもショッパーなので、よく働いてくれたありがとう!の気持ちで捨てられる。

ちなみに先日のイベントでは同じショッパーを肩からかけてる人を3名くらい見かけました。

あまりに便利なので持ち手がしっかりしてるショッパーが家に溜まっていきます。

わたしの遠征バッグはつまりショッパー。