イエベ秋の女

好きなこと

ベッド・インと平野ノラとパッション♡ガールズと

この記事書いて今日で300日です。

aoinabe.hatenablog.com

 

300日の間に、ベッド・インはサマソニにでるし平野ノラはヒルナンデスにでるし

大阪府立登美丘高校ダンス部のバブリーダンスは超バズったし

ママレード・ボーイは実写化が決まった。

2017年、間違いなくバブルがきた。2018年はもっといくはずだ。時給よ上がれ。

 

 

ベッド・インと平野ノラは同じバブル芸風というくくりになってますが、

ベッド・インが「イケイケボディコンギャル」なのに対して

平野ノラは「トレンディドラマのヒロイン」を模してると思う。

トレンディドラマのヒロインは、実際どんな仕事してるのかわからないけど

カタカナ職業でめっちゃ金持ってそうないい女だった。

2017年でいうとベッド・インはリア充パリピで平野ノラは高学歴高収入のバリキャリ。

現代のスマホと違って、普通に仕事してる女の子はショルダーフォンを持てない。めっちゃ高いから。

トレンディドラマは、その仕事でそんなマンション住めないでしょ!?みたいなのが虚構としてなりたっていた。

 

www.gentosha.jp

 

ベッド・インのキャラクターはリアルにバブル時代を生きていた、トレンディドラマを見るために、夜9時には家に帰るような女の子たち。

「C調び~なす」のPⅤでOLの役やってるけど、5時前なのに帰る気満々なの(笑)

ベッド・インが一般職なら平野ノラは総合職。

ベッド・インにはアッシーメッシーミツグ君がいるけど平野ノラはショルダーフォンもシーマも自分で買う。

 

っていう違いを、ヒルナンデスみたりベッド・イン出演ラジオ聞いたりしながら

ずっと考えているんですよ。

そんで誰も聞いてくれないからブログにたたきつけているんですよ・・・。

 

パッション♡ガールズのヒロイン二人は、高校生だけどモデルでドラマにも出るような売れっ子で、「ギャラでエルメスのスカーフを買う」ってセリフがあって、

欲しいものは自分で買ってた平野ノラ寄りイイ女。

なお藤井みほながパッション♡ガールズの前に書いてたスパイシーガール(キャッチコピーが「モテモテ少女のイケイケコメディ」だったことがりぼんメモリアルに書いてあってマジで感動した)は

キープ君(アッシーメッシーミツグ君)がいて高ビーだったのでベッド・イン寄りイイ女な感じがしております。

でもこの時代、どんなにイイ女でも、描かれるのは恋愛模様なんですよね・・・まあ少女漫画だからそうなるっちゃそうなる。

 

同時期のなかよし漫画にバブルのオイニーを感じないのはそれだけ住みわけがされてたってことなんだろうか。

この頃オシャレや恋愛ではなく、セーラー戦士や魔法騎士がいたなかよし。

逃げ恥やタラレバ娘やホタルノヒカリが連載してた「kiss」は講談社なので、なかよしを読んできた世代が今、恋愛とか結婚ネタを読むようになったのか?

 

最近、劇団雌猫さんのアンケートに答えながら東京バビロンのことを思い出し考え(思い出し笑いみたいな感じです)した日があったんですが、

東京バビロンもバブル期ドドドドドストライク!なんですよね、でもバブリーな女いたかなぁ・・・

北都ちゃんがバブリーだったといえばそうなんですけども(シャネルの口紅で躊躇いなく道路に何か書いたシーン、よく覚えてる)

シャネルの赤い口紅、「放課後の音符」にも出てきたし最近赤リップ流行ったから次流行るのは肩パットでは??

 

2018年、もっともっとバブルが流行れば、パッション♡ガールズのその後が拝めるのではないかと思うとWAKUWAKUが止まらない。

「女は選ばなかったほうに復讐される」(中村うさぎ「女子漂流」より)。

パッション♡ガールズの二人は選んだほうを胸張って生きてて欲しいし

その姿を今見せてくれ!!!!って思うのだ。

 

いやもう正直めぼしいあの頃を懐かしむコンテンツ出し尽くしたでしょ!?今年何回「ほんとに今2017年!?」って呟いたことか!!!

来年も叫ばせてくれ、「今ほんとに2018年!?」って。