イエベ秋の女

好きなこと

ヨッピー「明日クビになっても大丈夫!」感想

ヨッピーさんを知ったのは銭湯神の記事だったかPCデポの記事だったか自転車で東京から御殿場まで行ったやつだったか、

とにかく「変なこと色々やってんなぁ」

という認識だった。影響されて銭湯に行った。


著作がでたというのをTwitterでみていて、

本屋で見つけたので買ってみた。

別にクビになる予定はないけど、収入的な不安がとてつもなくあるから興味があった。


ヨッピーさんは元々企業に勤めながらブログをやっていて、そこから会社を辞めて専業ライターになるまで、

そして専業ライターになってからの仕事の増やし方とか、取り組み方について

かなり開けっぴろげに書いてあります。

会社員時代の年収とか。けっこうもらってた!婚活サイトにそのまま書いたら入れ食いになりそう!

ヨッピーさん破天荒にみえるけど、仕事がつまらないから異動になったら辞める!といいながら7年勤めたの、けっこうすごい。

7年て。新生児が小学生になるよ。

仕事はつまらなくても、職場に耐えきれないほど嫌な人がいなかったぽいのが大きい気がする。

「会社勤めをしながらこっそり好きなことで副業やって、それで食べていけそうになったら辞めればいい、ただ仕事を辞めても、食べていくために嫌な仕事でも受けなきゃいけなくなる」

というようなことが何度も出てきて、

そういう人を身近でみてきたのかな?という印象がある。

実際ヨッピーさんも謎の仕事受けてるし。

生活が安定していて初めて好きなことができるっていうこと、あんま会社辞めてフリーで仕事してるひとは言わない気がする。

めちゃめちゃ大事なことなのにね。


Webライターはまだ空いている椅子がたくさんあるって書いてあるけど、

そんなにWebライターって仕事は需要があるのだろうか…

紙の本が売れない売れないっていう人はよくみるけど、

Web儲かりますわー!っていう人はみたことない。

むしろ、Web漫画家のひとが「単行本が売れないと打ち切りです!紙の本買ってください!」って必死に宣伝してるほうが目にする。

紙の本はダイレクトに金銭が行き来するけど、Webだけでお金を稼げるシステムはまだそこまでしっかり出来てないのかな?

でも正直広告邪魔だしなー…

特にあの、画面にあとからふわーって出てきてタップミスでうっかり広告みせるタイプのやつ。

ヨッピーさんとかオモコロがやってる「これは広告です!でも面白くやるからみてね!」っていうやり方は、読んでるほうも楽しいからこういうやり方増えたらいいなあ、見る方も自分がなんの広告をみるのか選べるし。

妄想上の女の子の部屋作るやつとか面白かった。


で、面白く読んだんですけども、ただね、

これ

f:id:aoinabe:20171102171441j:plain


一番下の「く」のズレが気になる。

ここ、書いてあることも大概です。

ていうか全体的に、文字と文字の間が不安定とかページ数の字がでかいとか、

なんとなく読みづらさがある。

文章中に太字になったりフォントサイズが変わったり、

ヨッピーさんが横書きしたブログ記事をワンクリックで縦書きにしたの?って感じがして、

ページ構成に命かけるタイプの字書き同人作家だったら「ぎーー!!!!」ってなるやつだよこれ。


幻冬社、こういうのチェックする担当のひと、いないの?

いるけど三徹目で気がつかなかったとか?それともこういうの気にしないタイプの出版社?


この本って税抜き1400円で、時給900円の飲食店員のわたしとしてはけっこうな出費なわけです。

この1400円(税抜き)は、この本に関わった人に支払われるお金なわけで。

「人件費を節約してお安く提供しています!」っていうタイプの店で二人ぶんの仕事を一人分の時給でこなしているわたしとしては(せめて1.5人分くれって思う)

この本に関わったひとに正しくお金が支払われてくれ…って思うんですけど、

1400円で売っても、こういうミスをチェックする人を雇えないのだろうか…

だとしたら紙の本ってめちゃめちゃ高いね!?売れないから!?

ヨッピーさんなんで紙の本だそうと思ったんだろ!?


って全然関係ないこと考えてしまった。わざとかもしれないけど…


あと最終的に銭湯いけ!って言ってて、ブレねえなー!さすがだなー!って思いました。