イエベ秋の女

好きなこと

「なりたい顔」がわからない。

ドラマ「高嶺の花」で石原さとみさん演じるももが

「なりたい顔一位っしょ!」と言うシーンがあった。

実際に石原さとみさんが「なりたい顔一位」らしいんですが、

誰が決めたんだその順位、アンアンか?(ググったら「美的」だった)

 

もしわたしの前に、高須クリニックのCMにでてくる魔法使いが現れて

「今から石原さとみの顔にしてやろう、代わりに寿命をもらう」って言われたら、お気持ちだけいただいてお断りする。

じゃあガッキーにしてやるって言われてもお断りする。

石原さとみの顔もガッキーの顔も、うわーすげーきれーとんでもねーつって鑑賞するのはいい、めっちゃみる。

でもなりたいかって言われるとなんか違くて・・・

アニメとか漫画のキャラクターの恋愛を見守りたいのであって

キャラクターと恋愛したいわけではない、という感覚で

きれいなひとのきれいな顔をみるのは好きだけどその顔になりたいわけではない。

 

じゃあどうなりたいかっていうと、

 

それがわかんねーーんだな!!!

 

自分の顔に満足してるわけではない、口コミで評判のコスメを買い、

雑誌を買い、インスタでコスメ垢をフォローして、

口コミがいいから雑誌に載ってたからバズってるからと

色々ためしている。

 

そしてそのすべてを無駄にしている自覚がある。

 

一年前のアイシャドウが全然減らないし

化粧水は使い切る前に次の買っちゃうし

バズった洗顔料を使っても毛穴がなくなる気配はないし

雑誌で見たファンデーション塗っても顔色はくすんでいる。

チークはなにをどうしたら正解なのかわからん、美容部員のお姉さんに何度塗ってもらってもわからん。

それなのにまたクリスマスコフレの時期が来ちゃったし。

 

 

ほ、欲しい~~~~~なんとしてでも欲しい~~~~~~~!!!

でも使いこなせる気がしねえ~~~~~~なんだこの色~~~~~~~!!!!!

 

可愛い~~~っていうテンションだけで買ったものを使いこなせたためしなし!!!

 

これねぇ、自分が自分の顔にたいして「どういうふうにしたいのか」っていう

イメージもビジョンも目標もないせいだと気付いたんですよね昨日の23時くらいに。

毛穴ケアと美白ケアとアンチエイジングを手あたり次第使ってるけど

全部途中で効果ないしやめ!次!ってなってる。

ファンデーションも口コミがいいからとか美容部員のお姉さんに勧められたからって買ってるけど、

付けた瞬間から地肌の色と違いすぎてなんかやりすぎ加工画像みたいになってんの。

毛穴を消そうと塗れば塗るほど浮き上がる。

 もう何個目だよ使い切れなかったファンデ・・・リキッドなんてすっかり油が分離しちまって・・・

 

ツヤとかハリとかセミマットとかフォギーとか何がどう違うのか

わたしはどうなりたいのか

まったく・・・まったくわからない・・・

 

化粧品の広告みても全部「はだ きれい」としか思えないし

その化粧品使ったらその肌になるかっつーとならないし

デパコスの外国人モデルなんてますます自分の目指す肌とするには

あまりにも素材が違いすぎる。

 

なりたい顔がわからない。

「邦画プレゼン女子高生 邦キチ!映子さん」感想

「邦画プレゼン女子高生」ってタイトルだけどプレゼン・・・プレゼンか・・・!?

ググったらプレゼンって「人前で行う提示・提案」って意味なんですけど、

映子さんがやってるのはこれは・・・萌え語り!!!

ビタイチ入ってこないストーリー、なぜそこ!?な萌えポイント、そして選ぶ映画の実車率の高さ(笑)

これを受け止める(受け流す)部長が、最初に「あなたの好き」を肯定すると言っちゃったもんだから、基本なんとか受け入れようと(受け流そうと)するところがいいです。

ツッコミはするけど否定してない。

作中に「リメイク漫画やマンが実写化ではしっとりした女性ボーカルの壮大なJ-POP流れがち」ってくだりがあるんですけど

最近は「邦楽ロックバンドが流れがち」な気がします、実写版るろ剣あたりから・・・

映子が出してくる映画全部、マジ微妙で絶妙。

「お金出してみたくないけど、見た人の感想は聞きたい映画」ばっかり!

実写版ハガレン観たってひと初めてだしその感想が國村淳(笑)

この作品のなかでわたしがみたのは「キャシャーン」と「ハリウッド版ドラゴンボール」のみですが、キャシャーンは「なんにも残ってない」んですよね・・・あえて言うなら公開当時監督と結婚してた宇多田ヒカルのエンディング曲がよかった(あっ、「しっとりした女性ボーカルの曲」だ・・・)

 

ハリウッド版ドラゴンボールはやばすぎて、あまりにもやばすぎて人に語りたくなる。

・・・はっ!?これが、あとがきで作者が言ってる「ヤバくない!?と盛り上がる」感じか!!!

同じ方向で実写版進撃の巨人もネタになります(まさかのドラマ版もみました、一連の実写版進撃だけで2時間喋れる気がする)

後日酒の席でシン・ゴジラ見たって人に「なんで!?やればできるのになんで!?」ってめちゃくちゃ絡んだ。

 

わたしが個人的に映子に見て欲しい映画は

「GOEMON」(あの!キャシャーンの紀里谷監督ですよ!相変わらず画面が暗いよ!)

「大怪獣モノ」(主演はなんとプロレスラー飯伏幸太!活舌の悪さ展開のアレさすべてがやばい!エンディングはわたしの推しセクシーアイドルのベッド・インです)

「実写版キューティーハニー」(「あの」庵野秀明監督作品!倖田來未のエロカッコイイ主題歌!ド頭から佐藤江梨子の尻!異様に歌が上手い及川光博!!)

呪怨」(セリフに出てきてるからみてるには違いない・・・けど映子にプレゼンして欲しいよ~~~~~伽耶子の旦那がなんで伽耶子殺したのか全然わかんなくて後日小説版読んだよ~~~~)

 

ここまで書いてめっちゃ映子の気持ちがわかった、やばい映画って半端にできがいい作品よりも人に語りたくなるわ・・

 

コミックス売れたら連載再開できるようなので、なにとぞ、なにとぞよろしくお願いします・・・!!!!

 

 

 

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん (マーガレットコミックスDIGITAL)

『すべての道はV系へ通ず。』感想

キャッチコピーは「ヴィジュアル系の教科書」。

むしろ歴史書?

メールマガジン『PLANET』での連載対談をまとめたものなので3年分の愉快なおしゃべりが収録されているし、

3年の間に色んなことが変わった。

わたしは2年前に発売された市川哲史さんの『逆襲の〈ヴィジュアル系〉ーヤンキーからオタクに受け継がれたものー』も読んでいて、

対談続行期間なこともあり、内容がダブるな?という箇所もあったのでこちらからも引用して書こうと思います。

 

f:id:aoinabe:20180827101437j:plain

付箋貼りすぎてわけがわからなくなったよ。

 

まあダブるのも仕方がないことで、だって過去は変わらないから同じ話しか出てこないですし。

だけど、同じ話を何度もしたくなるくらい、オールドスクールV系はほんとうに輝いている。もはや神話です。夜空にドラムセットを破壊するYOSHIKIの星座を描こう。

 

そんな神々の神話の始まり、ヴィジュアル系がヤンキー文化として成立したという1990年前後、

日本はまだバブル期だったはずですが、全然ベッド・イン的バブルの気配が全然ない。

ここらへん、ヴィジュアル系が地方発っていうのとも絡んでくるのかな?

バブルから氷河期へ、ヤンキーからオタクへヴィジュアル系は変わっていく。

神であり神話であり崇拝の対象だったバンドマンが現代では身近になっていき、

そんな神話期と現代のプロモーションの違いについて、藤谷さんが開始16ページでスパークしています。

メンバーカラーわける文化はジャニーズにもオタク文化にもあるけど、

グッズとかでメンバー間で格差も出そう…そんな売り方してほしくない…

ほかのバンドと戦わなきゃいけないのにメンバー間で争う必要ないでしょ…

売り上げで差が出るからって体臭カードを雑貨として流通させたキリショーは偉い。すごい。好き。

 

市川さんはⅤ系が下から目線になったことを嘆いていますが、

オラオラの俺様バンドに付き従い支え付いていくというお客さんは今後はなかなか生まれないと思うんですね、今のご時世だと簡単にモラハラになりそうだし。

歌詞がスクショされてツイッターで燃える。

そういうキャラとして、裏表なく売り出していれば別ですけども。

どんどん肉体的精神的に負荷をかけていく、そういうフィジカルをエンタテイメントにすることは感動ポルノとどう違うの?っていう感覚になってしまうな。

 

Xのファンは金髪に特攻服の女の子、で、それがロリータになって、今はそんなに尖った格好の子が少なくて、

それはバンドマンのキャラクターが変化したのとどっちが先なんだろう?

親がヴィジュアル系好きで自然に聞いてきたから気合いれる必要なかった、みたいなファンが出てきた気もする。

 

新井さんの著作に出てきた子供のランドセルの話とか、

 

aoinabe.hatenablog.com

 

自分の子どもにヴィジュアル系を受け継がせた親はいるし、ヴィジュアル系で育った天才ギター少年も出ててきましたし。

サイコルシェイムが復活したとき、インタビューで「お客さんから、親に子供を預けていきますって言われた」と語っていて、

バンドと共に卒業して、バンドとともに復活再始動リブートしてしまった全国のママがどれほどいることか!!!

 

GLAY EXPOがワイドショーで話題になって、

明るい昼間にたくさんのひとがグレイチョップしてる光景が『ヴィジュアル系のライブの見本』として広まったのはヴィジュアル系年史のなかでも事件かと思う、

わたしがバンギャ時代「ライブ行くので休ませてください」って言った上司が「こういうやつ?」ってグレイチョップ出したときは反応に困った。

あの頃の大人は『ヴィジュアル系のライブ=グレイチョップ』だと思っていた。

さすが『親に紹介できるヴィジュアル系』(byキリショー@関ジャム)!!!!

なおそんとき行ったライブは陰陽座です。

 

Break Outの話がよく出てくるんですが、わたしこれ知らないんですよね…

石川県ではみれなかったんだと思ってる。

カウントダウンTVも日曜の朝10時とかにやってましたし。部活で家にいなかった。

なのでわたしがテレビを通して新たなV系バンドに出会ったのは、

HEY!HEY!HEY!とうたばん、そして、

パパパパパフィーの『ドキッ!ヴィジュアル系だらけの大運動会』です。『由美ちゃん結婚おめでとうスペシャル!』です。ははは(苦笑)

リレーで走るペニシリン、熱々の鍋焼きうどんを食うグルグル映畫館

神格化される前に、素を出すヴィジュアル系と出会ってしまった。

これはけっこう、神話期との大きい差かもしれない。

(その後うたばんに出ていた犬神サーカス団で人生面白いことになった)

市川さんは否定的だけどもこの番組にでていた「死にそうなほど下手なやつ」に興味を持ったひとはその後東京に出て行ったんだろうなー。

劇団雌猫「東京」に「佐賀の人間はミーハーに育つ」という話があるんですけど、

Break Outをみていた地方の少年少女たちが、この目であのバンドをみる!って

東京を目指したんじゃないでしょうか。

わたしはヴィジュアル系もテレビでみるものだったので、後に知り合ったバンギャちゃんから

DVDを見せてもらうまでサイコのライブのノリを知らなかった。

HEY!HEY!HEY!のお客さん踊らないんだもん。

 

で、ヴィジュアル系バブルは世紀末とともに崩壊。

それをファンとしてみてきた若いバンドマンがガツガツしてないのも当然になると思うんですよ。

「逆襲のヴィジュアル系」で歌広場淳くんが「武道館やっても食っていけなくなったバンドはたくさんいる」って言ってるし。

少女漫画に登場するバンドの話もしてます。

わたしはバブル期の少女漫画の話をブログに書いたりしてますが

 

aoinabe.hatenablog.com

 

『りぼん』『なかよし』でヴィジュアル系漫画やってた?

わたしの記憶にないだけ?

 

ヴィジュアル系と少女漫画は相性がいいのか何作か名前が上がるのですが、

 

『KISSxxxx』は『週刊マーガレット

KISSxxxx 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

カノジョは嘘を愛しすぎてる』は『cheese!』

カノジョは嘘を愛しすぎてる 21 (Cheeseフラワーコミックス)

 

快感フレーズ』は『少女コミック

快感フレーズ 1巻

NANA』は『クッキー』

NANA (1)

藤谷さんが始祖としてあげた『愛してナイト』は『別冊マーガレット』。

愛してナイト 1 (フェアベルコミックス CLASSICO)

絶対に作者がV系ファンですね!?な『天使禁猟区』は『花とゆめ』。

天使禁猟区 10 (白泉社文庫)

NHK「漫勉」で本人がhydeをモデルにしていると告白していた『秘密』は『MELODY』

秘密 season 0 7 (花とゆめCOMICSスペシャル)

ヒーローのモデルは清春、作者はバロックのファンな『ヤマトナデシコ七変化』は『別冊フレンド

 

ヤマトナデシコ七変化 完全版(2) (別冊フレンドコミックス)

 

快感フレーズ』と『ヤマトナデシコ七変化』は顔面ドカーンと出してて「イケメンにきゅんきゅんしてね!」な感じ、

『KISSXXXX』と『NANA』はキャラクターの横顔で心情を描いていく感じ(表紙からしてオシャレ)

カノジョは嘘を愛しすぎてる』と『愛してナイト』はツーショットで二人の関係性を描いているような感じがします。しません?しない?ごめん!

少女漫画ではないけど、柴田亜美は魔王櫻井敦司をモデルにしたキャラを描いてるし、パプワくんの『シンタローさん』の元ネタはスターリン

でもバンギャ柴田亜美読むのか?れんコテ!以外も読んでますか?

 

ヴィジュアル系ファンの女の子は王道の少女漫画読まなかった、わけではないはず。

ヤンキーからオタクになった年代なら、なおさら。

天使なんかじゃない』にでてくるケンはバンドマンだけど絶対ヴィジュアル系じゃない。

あなたとスキャンダル』はバンドの話だけど、ヴィジュアル系ちょっと悪役じゃなかった?記憶違い?

 

『なかよし』はギリ…ギリで、セーラームーンの敵キャラがヴィジュアル系と言えないこともない??どう?ネフライト様。

 

 

市川さんから小山田圭吾とhide対談の裏話があるんですが(『逆襲のヴィジュアル系』でその対談読めます)、

わたしはバブル期に『olive』が作ったムーヴに興味があるんですね、ぜーーーったいバンギャが読まないやつですよねolive。

でもファッション的にはロリータっぽくないです?oliveは昼のフランス、バンギャのロリ服は夜のフランスみたいな。

話は違うけど、oliveの『逆鎖国女』(カレー沢薫「女って何だ?」より)感はすごい。

女って何だ?

バンギャのバイブル『KERA』の話もできて面白いです。

めんまさんの漫画にも『KERA』でてきますよね。

わたし『zipper』派!!(矢沢あいパラダイス・キス』が連載してた。これもバンギャと親和性高そうだ)

 

ヴィジュアル系の足し算の美学がジャンプ的、というくだりがありますが今まさにテレビから、ジャンプのアプリのCMにでてるゴールデンボンバーの声が聞こえました。

ジャンプに選ばれたヴィジュアル系ゴールデンボンバー

新曲はドラムの樽美酒研二がメインボーカル、すごい飛び道具!!

 

3年に渡るメールマガジンでの対談をまとめたものなので時差があって、この話読みたかったな惜しい!と思うところが何点かあり、まず

「市川さん最近のtoshiさんが面白いスイーツおじさんとしてテレビに出まくってるのどう思います?」それも、今はYOSHIKIさんがやってる「WE ARE X」を

「WE ARE アイス!!!」ってやってるんですよ(アイス総選挙)

 

あとドコモのCMで高畑充希「紅」を歌い上げたこととか(これで小学生にも紅は浸透した)」

なんやかんや言われてもやっぱテレビは強いし、そういう場所に選ばれるのはXで、これはテレビを作るえらいひとたちの世代がXを好きだったひとたちだから?

関ジャムで杉様がX JAPANのギタリストを受けたときの話について、も。

このギタリスト回で、杉様が「ヴィジュアル系縦社会において、先輩からGLAYを守ったのは俺たち」って言ってたんですよ。

同じことを西川貴教も言ってたことがあって、彼らの世代が『バンド業界特有のヤンキー縦社会』を断ち切ったのかもしれない。

 

関ジャムでキリショーが「人がやっていないことをやるのがヴィジュアル系」と言っていて、それは結構、アイドルに通じるものがある。

オーケンが10年以上前にコラムで「アイドルは椅子取りゲーム、オタクの席にはあの子がいてその席は奪えないからじゃあどのイスに座る?となる」(記憶が曖昧ですいません)

て書いてて。

 

今テレビに出られるヴィジュアル系って結局X JAPANLUNA SEAGLAYという、神話の時代から生きているひとたちと金爆で、

それ以外のひとたちは演歌だったり歌うまだったり猫だったりと「人がいない場所」を見つけるしかない。

「異様に喋りが立つ」も人がいない場所だったから、わたしの神こと西川貴教は生き残っている…

市川さん二冊連続で脚注に「西川貴教トークだけでカリスマになった」って書いてますけど(めちゃくちゃ根に持ってる)

BUCK-TUCKの後輩ルイマリーから生き残り、tetsuや清春を番組に呼び、今年のイナズマロックフェスは金爆とLUNA SEAを同日に呼ぶ荒技です!

 

 藤谷さんがhide不在でも彼の曲を演奏することを『法事』って言ってて膝を叩きました。

そう、法事なの。

彼のことを思い出して、あんなことあったねこんなことあったねこうやって笑うだろうねって言いあう時間は、あっていいと思う。

 

『1人グルグル映畫館(沼倉真の場合)太平洋ベルト2マンLIVE』。

これも法事。今から、アホほど泣く準備をしている。

 

 

 

すべての道はV系へ通ず。

 

逆襲の<ヴィジュアル系>-ヤンキーからオタクに受け継がれたもの-

 

 

 

 

 

 

 

来世は他人がいい2巻楽しみだな語り

 

来世は他人がいい(2) (アフタヌーンKC)

来世は他人がいい(2) (アフタヌーンKC)

 

 

 

顔がよくて頭がおかしい男に異常に愛される漫画、少女漫画界隈でよくみます。

たまにツイッターの広告に出てきますよね、あれ。

「来世は他人がいい」はアフタヌーンで連載してるけど「顔がよくて頭がおかしい男に異常に愛される」漫画です。

ただ、ヒロインの吉乃も顔がいいし、霧島(イケメンで頭がおかしくて吉乃が大好き)とは別の意味でヤバい。

 

わたしがこの漫画を好きなのは、水戸黄門的な部分があるからなんですけども。

どこだよ?って言われると

 

「吉乃の大ゴマキメ顔」です。これ印籠。

 

今発売してるアフタヌーンでは、この印籠つまり吉乃のキメ顔が2回出てきて興奮した。

吉乃が大ゴマでキメ顔すると、退治してる人間が完全に「落ちる」んですよ印籠に平伏するがごとく。

伝わりますかね?

読んでわかってほしい、吉乃の大ゴマキメ顔の印籠感。

それも陰の印籠と陽の印籠の2種類ある。

本誌を追ってた感じだと2巻ではたぶん両方でてきます。

超楽しみ。

 

 

 

 

 

 

同人オタクの遠征バッグ

 こちらの記事がおもしろかったので、自分も遠征バッグについて書いてみようかと!

srdk.rakuten.jp

 


遠征と言っても基本日帰り、そしてサークル参加なので、在庫の本・机の敷布・値札・おつりのケースなどは宅急便で送っちゃうので当日はそこまで荷物は多くないです。


f:id:aoinabe:20180625144018j:plain

トートバッグに斜めがけできるポシェットと、ポーチとショッパー(買い物した時にもらう袋のことです念のため)

なんかあったら怖いので主催から届いた封筒はそのまま持っていきます、サーチケもこの中。

トートバッグはANNA SUIのブランドムックのやつです。

ポシェットはQpotのブランドムックのやつです。

青いポーチはwithの付録だった気がします。

付録ばっかり?同人オタクが金かけるところはそこじゃないからです!!!!


コリラポーチの中身。


f:id:aoinabe:20180625144219j:plain


とにかく荷物を減らしたいので限界まで削っる。サークルスペースも広くはないので。

ミスドの福袋に入ってたこのポーチがすごくいいサイズで、最初はなに入れるんだ!?って思ったけど、マチのあるポーチはその懐の広さに甘えてなんでも入れてしまうことに気がついた。

鏡、ティッシュ、予備のコンタクトレンズと目薬(ダイソーの小分け袋に入れてる)リップ、ファンデの試供品。

夏場はデオドラントシートを、冬場は貼るカイロを一枚いれたらもうキャパオーバーです。

f:id:aoinabe:20180625144637j:plain

使いかけなので汚くてすいません、このファンデの試供品、小さいけどスポンジもついてるしお直しには充分使える。

ファンデ自体も良いです。クッションファンデよりもカバー力あって、でもがっつり塗ってる感は少なめ。


斜めがけできるポシェットには、財布とスマホだけ入れます。

イベントが始まり、売り子に入ってもらい、狩に出発するときに使います。貴重品は自分で守ろう。

そして狩の時に活躍するのがこちら。


f:id:aoinabe:20180625145959j:plain 


不織布のショッパーと、withの付録のポーチです。

このポーチはもう何年もイベント専用にしていて、


f:id:aoinabe:20180625150053j:plain


紙のお金と百円玉と免許証(年齢確認用)を入れて使います。

そしてこのショッパーは

f:id:aoinabe:20180625150251j:plain

大抵のサイズの本が入る。

そして

f:id:aoinabe:20180625150401j:plain


スナップで止められる。


購入した御本や自分の在庫を自宅に送るときに梱包材のごとく詰めることもできるし最悪捨ててもショッパーなので、よく働いてくれたありがとう!の気持ちで捨てられる。

ちなみに先日のイベントでは同じショッパーを肩からかけてる人を3名くらい見かけました。

あまりに便利なので持ち手がしっかりしてるショッパーが家に溜まっていきます。

わたしの遠征バッグはつまりショッパー。





 

顔のいいアイドルはお好きですか?

「顔がいい」

いつから言われるようになったのかわからないけど、二次元三次元問わず男性に向けられる賛辞。わたしも推しのいいところは?と問われて「顔!!!!!」って答えたことある。

それくらい顔は重要。顔は玄関。

が、本当に、顔しか良くない男が、アイドルだったら?

 

というのが「神クズ☆アイドル」(作:いそふらぼん肘樹)の主人公、仁淀ユウヤ。

2人組アイドル「ZINGS」のメンバー、立ち位置は向かって左。

とにかく顔がいい。

踊りも喋りもやる気がないけど顔がいい。

顔だけでアイドルになり顔だけでアイドルをやれている男。

が、そんな男の人気がでるはずもなく、ライブでは相方の吉野ファンから罵声を浴びせられている。

そんなことしたら吉野くんが悲しむでしょ!?と毎現場ごとに学級会開戦してそう。

あまりのやる気のなさに解雇される寸前、彼に神が舞い降りる。

事故死した人気アイドル・最上アサヒの幽霊と出会い、彼女を憑依させることで、

 

(本人は)楽して神アイドルに(アサヒちゃんは普通に疲れる)!!!!!

 

もうとにかくユウヤのやる気のなさとアサヒちゃんのアイドルとしての熱量の落差が面白い。

ファンのうちわに「生きて❤️」って書かれてるくらい生気のないユウヤと、

死んでるのに生き生きしてるアサヒちゃん。

そんな2人が日替わりでアイドルやるもんだから、現場ごとにキャラがブレブレ。

今日の現場が神か塩かで運試しされている始末。ガチャじゃん。

 

相方の吉野くんは顔も性格もよくて、そんなユウヤ(とアサヒちゃん)をフォローしてくれる。

いい子だ〜〜〜吉野くんはいい子だよぉ〜〜〜〜

吉野ファンが仁淀に怒るのも無理ないよ〜〜〜〜〜〜

でもユウヤファンが「仁淀くんは生きてるだけでえらい」っていうのもわかるよ~~~~~~

推しは生きてるだけで優勝~~~~~~~~~!!!!!

でもそうなると、死んでしまってるアサヒちゃんは・・・と無言になるな・・・

マジで、アサヒちゃんの訃報がでたときTwitterのトレンド一位は「アサヒちゃん」だっただろうし

有名オタの長文ブログとかめっちゃRTされたと思う

アサヒオタの気持ちになると一年じゃ忘れられないよね・・・

アサヒオタにみせてあげたいよ、アサヒちゃん今もけっこう楽しそうだよ・・・

 

あと楽しそうと言えば仁淀ファンも楽しそうです。

神か塩かデッドオアアライブうちわ、バズるプレゼンツイート、周りを巻き込む熱量、布教の手際がいい(スッとCDがでてくる)。

面白すぎるので河川敷さんのアカウントフォローしたい。

「頑張って働いて現場で会おう!」ってめっちゃいいセリフだ。

ZINGSの現場に行くため、オタクたちも毎日頑張ってるんだよね、だからユウヤお前ももうちょっとがんばれ・・・

 

単行本は今日発売です。

神クズ☆アイドル 1巻 (ZERO-SUMコミックス)

 

pixivコミックでも読めるのでぜひ!!!

 

 

そしてこれは推しの最新PVです。ク〇ヨンしんちゃんのエンディングテーマみがすごい。


ベッド・イン「ジュリ扇ハレルヤ」ミュージックビデオ

 

 

 

 

 

 

没頭力とオタク沼

Twitterをみていたら、

吉田尚記通称よっぴーさんのツイートが目に入った。

新刊「没頭力」が三省堂書店有楽町店さんでランキング入りしているというつぶやき。

そのランキングの一位が、カレー沢薫先生の「女ってなんだ?」だった。

わたし、その本、まさに三省堂書店有楽町店さんからお取り寄せしました。

 

そういえばどちらも感想を書いてなかったな、書こうかな、と思い立って本棚をみたら、没頭力の隣に刺さっていたのがこちらもカレー沢薫先生の「廃人日記~オタク沼地獄~」だった。

感想を書こうと「没頭力」を読み直すも、読めば読むほどチラつく「オタク沼地獄」のこと。

 

いやだって、「没頭力」のなかで書かれている

「ゴールとルールがはっきりしていてフィードバックが早い」とか、めっちゃ、ガチャのことじゃないですか。カレー沢先生は「ゴール(土方さんを出したい)、ルール(ガチャを回す)、フィードバック(爆死)」を完璧にこなしている。

「無意識に体を動かしている」は「無意識にタップしている」だし。

「自分をコントロールできている」も、土方さんを出すためのお金は用意した!!って言い切れてるし・・・結果17万円で出したとしても、それはこれは土方さんのための17万って言い切れてるし・・・

人から見たらゲームのガチャでもカレー沢先生は「土方さんがかっこいいから」という自分ルールでやりきった。

めっちゃ没頭してる・・・!!!